よくあるご質問

北海道エリア

停電

  • 停電連絡はどこに行えばよいか

  • お客さまの作業により配電線路の停止が必要な場合

    ①電力会社該当支社へ「開閉器操作申し込み」をしてください
    ②電力会社該当支社と「停電日調整」を行ってください
    ③停電日が決まりましたらエネットへお知らせください
    【注意事項】
    ・お客さま側のみの停電作業(配電路の停止が必要ない場合)については①②は不要となります。
    ・現状開閉器操作申込を必要とされていないお客さまにつきましては①②は不要となります。
    ・③につきましては、停電日を決定された後、停電日の3日前までにご連絡をお願い致します。
    ※電力会社との間で運用申し合わせ書等を取り交わされているお客さまにつきましては、上記①②は運用申し合わせ書等に記載の連絡先・手順にてお願い致します。

    電力会社または他のお客さまの作業により配電線路の停止が必要な場合

    ①電力会社該当支社と「停電日調整」を行ってください
    ②停電日が決まりましたらエネットへお知らせください
    【注意事項】
    ・電力会社または他のお客さまの作業により停電が必要な場合は、電力会社とお客さまの間で停電作業の日時調整を実施していただきます。
    ・高圧受電(受電電圧6,000V)のお客さまにつきましては、②は不要となります。
    ・②につきましては、停電日を決定された後、停電日の3日前までにご連絡をお願い致します。
    ※電力会社との間で運用申し合わせ書等を取り交わされているお客さまにつきましては、上記①②は運用申し合わせ書等に記載の連絡先・手順にてお願い致します。

    突発停電が発生した場合

    ①電力会社該当支社へ連絡してください
    ②電力会社該当支社より連絡及び事故などの対応を致します
    【注意事項】
    ・お客さま設備の故障、事故等による停電時は、従来通り電気主任技術者にお問合せください。
    ※電力会社との間で運用申し合わせ書等を取り交わされているお客さまにつきましては、上記①・②は運用申し合わせ書等に記載の連絡先・手順にてお願い致します。

請求・支払

  • 請求書はいつ頃届くのか

  • 検針から請求までの流れ

    契約電力500kW未満のお客さま(実量制)


    契約電力500kW以上のお客さま(協議制)


    ※検針方法が出向検針(電力会社による現地での検針)の場合、上記電力会社からのデータ提供が遅れる場合がございます。その場合はその後のフローについても若干遅れがでる場合がございます。
    ※営業日は土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日および12月29日~1月3日までを除く日になります。
    ※契約切り替え後初回の請求の場合、電力会社からのデータが遅れる場合がございます。

    電気料金のお支払い方法

    弊社指定の口座振込または口座振替のどちらかお選びいただきます。
    ※支払期日はご使用月の翌月となります。
    ※口座振込の場合振り込み手数料はお客さまのご負担となります。

  • 支払期限を過ぎてしまった場合はどうなるのか

  • 入金期限までにご入金いただけないことが確認された場合、弊社電力売買約款に基づき、延滞利息の請求、契約不履行としてご契約を解約させて頂くこともございます。お早目のご入金にご協力の程、よろしくお願いいたします。詳しくは、弊社電力売買約款をご参照ください。

  • お支払方法を変更したい

  • 電気料金支払方法変更申込書を作成の上、弊社まで原則メールにて送付ください。
    申込書を受領後、担当よりご連絡させて頂きます。
    詳細については、こちらをご確認ください。

  • 請求書の宛名を変更したい

  • 請求書宛名・送付先変更を作成の上、弊社まで原則メールにて送付ください。
    変更届にもとづき、翌月発行される請求書から内容を修正いたします。
    詳細については、こちらをご確認ください。

工事

  • 工事申込みはどのように行えばよいか

  • 工事申込み書より工事申込みを行ってください。
    工事申込みに関する詳しい説明は、こちらをご確認ください。

  • どのような工事で申込みが必要になるのか

  • お客さまの工事内容が、電力会社側で作業が必要となるような場合や、電力会社の設備に影響を及ぼす場合(高圧以上の場合や、単線結線図が変更となるような場合等)には、原則、工事申込みをお願いさせて頂いております。なお、ご予定されている工事内容が上記に該当するかどうかについては、弊社ではなく電力会社側の判断となりますため、電力会社にお電話にてご確認頂くのが最も確実な確認方法となります。

  • 工事申込はいつまでに行えばいいか

  • お客さまの希望される工事内容によって、電力会社が電気設備見直しの検討や準備に要する期間が異なります。工事実施が確定しましたらできるだけすみやかに工事の申込みをお願いいたします。

  • 工事申込にあたって準備が必要な資料は何か(あるか)

  • 工事申込書に必要項目をご記入いただき、工事箇所がわかる図面(付近図、機器配置図、単線結線図の3点)および工事当日の予定作業スケジュール必ず添付の上、お申し込みください。

    なお、工事内容により追加情報が必要な場合がありますのでその際は、弊社よりご連絡差し上げます。

  • 工事費負担金とは/どのような工事で工事費負担金が発生するのか

  • お客さまの工事内容によって、電力会社側の設備を変更する必要がある場合には、工事費負担金が発生する場合があります。工事費負担金が発生する場合、お客さまにご負担いただきます。なお、ご予定されている工事内容によって工事費負担金が発生するかどうかについては、弊社ではなく電力会社側の判断となります。工事費負担金の概算金額を事前に知りたい場合は、工事費負担金見積依頼を行ってください。

契約内容の変更・解約

  • 契約電力を変更したい

  • 契約電力変更申込を作成の上、弊社宛にお送りください。
    申込み内容をもとに弊社よりご連絡させて頂きます。
    申込方法や詳細については、こちらをご確認ください。

東北エリア

停電

  • 停電連絡はどこに行えばよいか

  • お客さまの作業により配電線路の停止が必要な場合

    ①電力会社該当支社へ「開閉器操作申し込み」をしてください
    ②電力会社該当支社と「停電日調整」を行ってください
    ③停電日が決まりましたらエネットへお知らせください
    【注意事項】
    ・お客さま側のみの停電作業(配電路の停止が必要ない場合)については①②は不要となります。
    ・現状開閉器操作申込を必要とされていないお客さまにつきましては①②は不要となります。
    ・高圧受電(受電電圧6,000V)のお客さまにつきましては、③は原則不要となります。
    ・③につきましては、停電日を決定された後、停電日の3日前までにご連絡をお願い致します。
    ※電力会社との間で運用申し合わせ書等を取り交わされているお客さまにつきましては、上記①②は運用申し合わせ書等に記載の連絡先・手順にてお願い致します。

    電力会社または他のお客さまの作業により配電線路の停止が必要な場合

    ①電力会社該当支社と「停電日調整」を行ってください
    ②停電日が決まりましたらエネットへお知らせください
    【注意事項】
    ・電力会社または他のお客さまの作業により停電が必要な場合は、電力会社とお客さまの間で停電作業の日時調整を実施していただきます。
    ・高圧受電(受電電圧6,000V)のお客さまにつきましては、②は不要となります。
    ・②につきましては、停電日を決定された後、停電日の3日前までにご連絡をお願い致します。
    ※電力会社との間で運用申し合わせ書等を取り交わされているお客さまにつきましては、上記①②は運用申し合わせ書等に記載の連絡先・手順にてお願い致します。

    突発停電が発生した場合

    ①電力会社該当支社へ連絡してください
    ②電力会社該当支社より連絡及び事故などの対応を致します
    【注意事項】
    ・お客さま設備の故障、事故等による停電時は、従来通り電気主任技術者にお問合せください。
    ※電力会社との間で運用申し合わせ書等を取り交わされているお客さまにつきましては、上記①・②は運用申し合わせ書等に記載の連絡先・手順にてお願い致します。

請求・支払

  • 請求書はいつ頃届くのか

  • 検針から請求までの流れ

    契約電力500kW未満のお客さま(実量制)


    契約電力500kW以上のお客さま(協議制)


    ※検針方法が出向検針(電力会社による現地での検針)の場合、上記電力会社からのデータ提供が遅れる場合がございます。その場合はその後のフローについても若干遅れがでる場合がございます。
    ※営業日は土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日および12月29日~1月3日までを除く日になります。
    ※契約切り替え後初回の請求の場合、電力会社からのデータが遅れる場合がございます。

    電気料金のお支払い方法

    弊社指定の口座振込または口座振替のどちらかお選びいただきます。
    ※支払期日はご使用月の翌月となります。
    ※口座振込の場合振り込み手数料はお客さまのご負担となります。

  • 支払期限を過ぎてしまった場合はどうなるのか

  • 入金期限までにご入金いただけないことが確認された場合、弊社電力売買約款に基づき、延滞利息の請求、契約不履行としてご契約を解約させて頂くこともございます。お早目のご入金にご協力の程、よろしくお願いいたします。詳しくは、弊社電力売買約款をご参照ください。

  • お支払方法を変更したい

  • 電気料金支払方法変更申込書を作成の上、弊社まで原則メールにて送付ください。
    申込書を受領後、担当よりご連絡させて頂きます。
    詳細については、 こちらをご確認ください。

  • 請求書の宛名を変更したい

  • 請求書宛名・送付先変更を作成の上、弊社まで原則メールにて送付ください。
    変更届にもとづき、翌月発行される請求書から内容を修正いたします。
    詳細については、こちらをご確認ください。

工事

  • 工事申込みはどのように行えばよいか

  • 工事申込み書より工事申込みを行ってください。
    工事申込みに関する詳しい説明は、 こちらをご確認ください。

  • どのような工事で申込みが必要になるのか

  • お客さまの工事内容が、電力会社側で作業が必要となるような場合や、電力会社の設備に影響を及ぼす場合(高圧以上の場合や、単線結線図が変更となるような場合等)には、原則、工事申込みをお願いさせて頂いております。なお、ご予定されている工事内容が上記に該当するかどうかについては、弊社ではなく電力会社側の判断となりますため、電力会社にお電話にてご確認頂くのが最も確実な確認方法となります。

  • 工事申込はいつまでに行えばいいか

  • お客さまの希望される工事内容によって、電力会社が電気設備見直しの検討や準備に要する期間が異なります。工事実施が確定しましたらできるだけすみやかに工事の申込みをお願いいたします。

  • 工事申込にあたって準備が必要な資料は何か(あるか)

  • 工事申込書に必要項目をご記入いただき、工事箇所がわかる図面(付近図、機器配置図、単線結線図の3点)および工事当日の予定作業スケジュール必ず添付の上、お申し込みください。

    なお、工事内容により追加情報が必要な場合がありますのでその際は、弊社よりご連絡差し上げます。

  • 工事費負担金とは/どのような工事で工事費負担金が発生するのか

  • お客さまの工事内容によって、電力会社側の設備を変更する必要がある場合には、工事費負担金が発生する場合があります。工事費負担金が発生する場合、お客さまにご負担いただきます。なお、ご予定されている工事内容によって工事費負担金が発生するかどうかについては、弊社ではなく電力会社側の判断となります。工事費負担金の概算金額を事前に知りたい場合は、工事費負担金見積依頼を行ってください。

契約内容の変更・解約

  • 契約電力を変更したい

  • 契約電力変更申込を作成の上、弊社宛にお送りください。
    申込み内容をもとに弊社よりご連絡させて頂きます。
    申込方法や詳細については、こちらをご確認ください。

東京エリア

停電

  • 停電連絡はどこに行えばよいか

  • お客さまの作業により配電線路の停止が必要な場合

    ①電力会社該当支社へ「開閉器操作申し込み」をしてください
    ②電力会社該当支社と「停電日調整」を行ってください
    ③停電日が決まりましたらエネットへお知らせください
    【注意事項】
    ・お客さま側のみの停電作業(配電路の停止が必要ない場合)については①②は不要となります。
    ・現状開閉器操作申込を必要とされていないお客さまにつきましては①②は不要となります。
    ・高圧受電(受電電圧6,000V)のお客さまにつきましては、③は原則不要となります。
    ・③につきましては、停電日を決定された後、停電日の3日前までにご連絡をお願い致します。
    ※電力会社との間で運用申し合わせ書等を取り交わされているお客さまにつきましては、上記①②は運用申し合わせ書等に記載の連絡先・手順にてお願い致します。

    電力会社または他のお客さまの作業により配電線路の停止が必要な場合

    ①電力会社該当支社と「停電日調整」を行ってください
    ②停電日が決まりましたらエネットへお知らせください
    【注意事項】
    ・電力会社または他のお客さまの作業により停電が必要な場合は、電力会社とお客さまの間で停電作業の日時調整を実施していただきます。
    ・高圧受電(受電電圧6,000V)のお客さまにつきましては、②は不要となります。
    ・②につきましては、停電日を決定された後、停電日の3日前までにご連絡をお願い致します。
    ※電力会社との間で運用申し合わせ書等を取り交わされているお客さまにつきましては、上記①②は運用申し合わせ書等に記載の連絡先・手順にてお願い致します。

    突発停電が発生した場合

    ①電力会社該当支社へ連絡してください
    ②電力会社該当支社より連絡及び事故などの対応を致します
    【注意事項】
    ・お客さま設備の故障、事故等による停電時は、従来通り電気主任技術者にお問合せください。
    ※電力会社との間で運用申し合わせ書等を取り交わされているお客さまにつきましては、上記①・②は運用申し合わせ書等に記載の連絡先・手順にてお願い致します。

請求・支払

  • 請求書はいつ頃届くのか

  • 検針から請求までの流れ

    東京電力エリア以外のお客さま・東京電力エリアの契約電力500kW以上のお客さま(協議制)


    東京電力エリアの契約電力500kW未満のお客さま(実量制)


    ※検針方法が出向検針(電力会社による現地での検針)の場合、上記電力会社からのデータ提供が遅れる場合がございます。その場合はその後のフローについても若干遅れがでる場合がございます。
    ※営業日は土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日および12月29日~1月3日までを除く日になります。
    ※契約切り替え後初回の請求の場合、電力会社からのデータが遅れる場合がございます。

    電気料金のお支払い方法

    弊社指定の口座振込または口座振替のどちらかお選びいただきます。
    ※支払期日はご使用月の翌月となります。
    ※口座振込の場合振り込み手数料はお客さまのご負担となります。

  • 支払期限を過ぎてしまった場合はどうなるのか

  • 入金期限までにご入金いただけないことが確認された場合、弊社電力売買約款に基づき、延滞利息の請求、契約不履行としてご契約を解約させて頂くこともございます。お早目のご入金にご協力の程、よろしくお願いいたします。詳しくは、弊社電力売買約款をご参照ください。

  • お支払方法を変更したい

  • 電気料金支払方法変更申込書を作成の上、弊社まで原則メールにて送付ください。
    申込書を受領後、担当よりご連絡させて頂きます。
    詳細については、 こちらをご確認ください。

  • 請求書の宛名を変更したい

  • 請求書宛名・送付先変更を作成の上、弊社まで原則メールにて送付ください。
    変更届にもとづき、翌月発行される請求書から内容を修正いたします。
    詳細については、こちらをご確認ください。

工事

  • 工事申込みはどのように行えばよいか

  • 工事申込み書より工事申込みを行ってください。
    工事申込みに関する詳しい説明は、 こちらをご確認ください。

  • どのような工事で申込みが必要になるのか

  • お客さまの工事内容が、電力会社側で作業が必要となるような場合や、電力会社の設備に影響を及ぼす場合(高圧以上の場合や、単線結線図が変更となるような場合等)には、原則、工事申込みをお願いさせて頂いております。なお、ご予定されている工事内容が上記に該当するかどうかについては、弊社ではなく電力会社側の判断となりますため、電力会社にお電話にてご確認頂くのが最も確実な確認方法となります。

  • 工事申込はいつまでに行えばいいか

  • お客さまの希望される工事内容によって、電力会社が電気設備見直しの検討や準備に要する期間が異なります。工事実施が確定しましたらできるだけすみやかに工事の申込みをお願いいたします。

  • 工事申込にあたって準備が必要な資料は何か(あるか)

  • 工事申込書に必要事項をご記入いただき、工事箇所がわかる図面(単線結線図)を必ず添付の上、お申し込みください。

    なお、工事内容により追加情報が必要な場合がありますのでその際は、弊社よりご連絡差し上げます。

  • 工事費負担金とは/どのような工事で工事費負担金が発生するのか

  • お客さまの工事内容によって、電力会社側の設備を変更する必要がある場合には、工事費負担金が発生する場合があります。工事費負担金が発生する場合、お客さまにご負担いただきます。なお、ご予定されている工事内容によって工事費負担金が発生するかどうかについては、弊社ではなく電力会社側の判断となります。工事費負担金の概算金額を事前に知りたい場合は、工事費負担金見積依頼を行ってください。

契約内容の変更・解約

  • 契約電力を変更したい

  • 契約電力変更申込を作成の上、弊社宛にお送りください。
    申込み内容をもとに弊社よりご連絡させて頂きます。
    申込方法や詳細については、こちらをご確認ください。

西日本エリア

停電

  • 停電連絡はどこに行えばよいか

  • お客さまの作業により配電線路の停止が必要な場合

    ①電力会社該当支社へ「開閉器操作申し込み」をしてください
    ②電力会社該当支社と「停電日調整」を行ってください
    ③停電日が決まりましたらエネットへお知らせください
    【注意事項】
    ・お客さま側のみの停電作業(配電路の停止が必要ない場合)については①②は不要となります。
    ・現状開閉器操作申込を必要とされていないお客さまにつきましては①②は不要となります。
    ・高圧受電(受電電圧6,000V)のお客さまにつきましては、③は原則不要となります。
    ・③につきましては、停電日を決定された後、停電日の3日前までにご連絡をお願い致します。
    ※電力会社との間で運用申し合わせ書等を取り交わされているお客さまにつきましては、上記①②は運用申し合わせ書等に記載の連絡先・手順にてお願い致します。

    電力会社または他のお客さまの作業により配電線路の停止が必要な場合

    ①電力会社該当支社と「停電日調整」を行ってください
    ②停電日が決まりましたらエネットへお知らせください
    【注意事項】
    ・電力会社または他のお客さまの作業により停電が必要な場合は、電力会社とお客さまの間で停電作業の日時調整を実施していただきます。
    ・高圧受電(受電電圧6,000V)のお客さまにつきましては、②は不要となります。
    ・②につきましては、停電日を決定された後、停電日の3日前までにご連絡をお願い致します。
    ※電力会社との間で運用申し合わせ書等を取り交わされているお客さまにつきましては、上記①②は運用申し合わせ書等に記載の連絡先・手順にてお願い致します。

    突発停電が発生した場合

    ①電力会社該当支社へ連絡してください
    ②電力会社該当支社より連絡及び事故などの対応を致します
    【注意事項】
    ・お客さま設備の故障、事故等による停電時は、従来通り電気主任技術者にお問合せください。
    ※電力会社との間で運用申し合わせ書等を取り交わされているお客さまにつきましては、上記①・②は運用申し合わせ書等に記載の連絡先・手順にてお願い致します。

請求・支払

  • 請求書はいつ頃届くのか

  • 検針から請求までの流れ

    契約電力500kW未満のお客さま(実量制)


    契約電力500kW以上のお客さま(協議制)


    ※検針方法が出向検針(電力会社による現地での検針)の場合、上記電力会社からのデータ提供が遅れる場合がございます。その場合はその後のフローについても若干遅れがでる場合がございます。
    ※営業日は土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日および12月29日~1月3日までを除く日になります。
    ※契約切り替え後初回の請求の場合、電力会社からのデータが遅れる場合がございます。

    電気料金のお支払い方法

    弊社指定の口座振込または口座振替のどちらかお選びいただきます。
    ※支払期日はご使用月の翌月となります。
    ※口座振込の場合振り込み手数料はお客さまのご負担となります。

  • 支払期限を過ぎてしまった場合はどうなるのか

  • 入金期限までにご入金いただけないことが確認された場合、弊社電力売買約款に基づき、延滞利息の請求、契約不履行としてご契約を解約させて頂くこともございます。お早目のご入金にご協力の程、よろしくお願いいたします。詳細については、下記よりご確認ください。
    中部エリア 北陸エリア 関西エリア 中国エリア 四国エリア 九州エリア

  • お支払方法を変更したい

  • 電気料金支払方法変更申込書を作成の上、弊社宛にお送りください。
    申込書を受領後、営業担当よりご連絡させて頂きます。
    詳細については、下記よりご確認ください。
    中部エリア 北陸エリア 関西エリア 中国エリア 四国エリア 九州エリア

  • 請求書の宛名を変更したい

  • 請求書宛名・送付先変更を作成の上、弊社宛にお送りください。
    変更届にもとづき、翌月発行される請求書から内容を修正いたします。
    詳細については、下記よりご確認ください。
    中部エリア 北陸エリア 関西エリア 中国エリア 四国エリア 九州エリア


工事

  • 工事申込みはどのように行えばよいか

  • 詳細については、下記よりご確認ください。
    中部エリア 北陸エリア 関西エリア 中国エリア 四国エリア 九州エリア

  • 開閉器(PAS)を交換したいのですがどのように工事申込みすれば良いですか。

  • 詳細については、下記よりご確認ください。
    中部エリア 北陸エリア 関西エリア 中国エリア 四国エリア 九州エリア

  • どのような工事で申込みが必要になるのか

  • お客さまの工事内容が、電力会社側で作業が必要となるような場合や、電力会社の設備に影響を及ぼす場合(高圧以上の場合や、単線結線図が変更となるような場合等)には、原則、工事申込みをお願いさせて頂いております。なお、ご予定されている工事内容が上記に該当するかどうかについては、弊社ではなく電力会社側の判断となりますため、電力会社にお電話にてご確認頂くのが最も確実な確認方法となります。

  • 工事申込はいつまでに行えばいいか

  • お客さまの希望される工事内容によって、電力会社が電気設備見直しの検討や準備に要する期間が異なります。工事実施が確定しましたらできるだけすみやかに工事の申込みをお願いいたします。

  • 工事申込にあたって準備が必要な資料は何か(あるか)

  • 工事ご希望予定日、工事内容および工事内容の分かる図面(単線結線図、構内平面図)をご準備ください。なお、工事内容により追加情報が必要な場合がありますのでその際は、弊社よりご連絡差し上げます。

  • 工事費負担金とは/どのような工事で工事費負担金が発生するのか

  • お客さまの工事内容によって、電力会社側の設備を変更する必要がある場合には、工事費負担金が発生する場合があります。工事費負担金が発生する場合、お客さまにご負担いただきます。なお、ご予定されている工事内容によって工事費負担金が発生するかどうかについては、弊社ではなく電力会社側の判断となります。詳細については、下記よりご確認ください。
    中部エリア 北陸エリア 関西エリア 中国エリア 四国エリア 九州エリア


契約内容の変更・解約