関西電力株式会社の分散検針制導入に伴う電力売買変更のご案内|更新情報

お知らせ


関西電力株式会社の分散検針制導入に伴う電力売買変更のご案内

2018/09/28

関西電力株式会社の分散検針制導入に伴う電力売買約款変更のご案内

 

 平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

 この度、2018年10月1日から関西電力株式会社(以下、「関西電力」といいます)において分散検針制※が導入されることに伴い、弊社「電力売買約款」を変更いたします。なお、すでに弊社から電力の供給を受けている施設は、1日の計量日に変更はございません。

 

 

1.電力売買約款の主な変更点

分散検針制導入に伴い、用語の定義や各種取扱いについて、以下の変更を行います。

・「計量日」の用語を追加します。

(計量日…当該電力会社があらかじめ定める、使用電力量または最大需要電力等が記録型計量器に記録される日をいいます。)

・燃料費調整単価適用期間を「前月の計量日から当月の計量日の前日までの期間」にいたします。

・電気料金の算定期間は前月の計量日から当月の計量日の前日までの期間とし、当該算定期間を「1月」として電気料金を計算します。

・請求書の送付について、原則として当社が当該電力会社より使用電力量等の計量データを受け取った日より起算して15日以内にお客さまに送付いたします。

 

2.約款変更対象エリア

  関西電力エリア


3.変更時期

  2018年10月1日

  

※分散検針とは、高圧実量制の施設について、計量日を各月の1日に変更(繰り上げ)せず、現在の関西電力の計量日を引き継ぐものとすることです。よって、電気料金の算定期間が必ずしも1日~月末に変更ではなくなるものです。(例:15日~翌14日 等 現在と同じ)。

  

※。新約款を弊社ホームページに掲載いたしますので、弊社ホームページよりダウンロード頂き、内容をご覧下さい。

以上


  【お問い合わせ先】       

    TEL:0120-2233-79    

受付時間:平日 9:00~17:00