導入事例

池袋ショッピングパークさま

池袋ショッピングパーク(ISP)池袋駅構内入り口看板

地域との共存共栄を掲げる企業として、
100%再エネ化を実現する
EnneGreen®(エネグリーン)導入を決意

東京都の中でも駅利用者数の多いランキングでベスト3※1に入る池袋駅。その東口地下通路に“レンガ通り”の名前とともに60以上の店舗を連ねる一大ショッピングセンターが池袋ショッピングパークです。その歴史は古く、開業は1964年。同じ地下に併設された24時間利用可能な池袋東口地下公共駐車場(ISPパーキング)とともに、池袋駅東口の“顔”として多くの人々に親しまれています。池袋ショッピングパーク(以下略称:ISP)さまは、この地下ショッピングセンターと公共駐車場、また池袋駅近辺でビル不動産賃貸等を営まれています。これまでの事業の経緯や実績から環境政策に積極的な豊島区と緊密に連携を取り合い、またSDGsを推進するセブン&アイ・ホールディングスの一員として、環境保全に積極的かつ意欲的に取り組まれています。そしてこのたびショッピングセンターおよび駐車場にエネットのEnneGreen※2を導入。電気を実質再生可能エネルギーに切り替え、電気によるCO₂排出量を一気に実質ゼロまで削減することに成功されました。今回の導入までの経緯や目的、今後の環境への取り組みの展望などを、戦略推進室の高木博章室長(写真1)と、総務部施設安全管理担当の牧之瀬光弘課長(写真6)に伺いました。

※1 国土数値情報ダウンロードサービスで2021年7月8日 に公開された駅別乗降客数(2020年 令和2年度)のデータを元にした都道府県別ランキングで、池袋駅は1,133,988人で新宿・渋谷に次いで第3位
※2 エネットの電源構成の電気(主にLNG発電等)にトラッキング付FIT非化石証書を組み合わせた実質100%再生可能エネルギー電気EnneGreen を導入(EnneGreenの詳細はこちら

  • 状況

    池袋ショッピングパークのある豊島区が「2050 年ゼロカーボンシティ」を目指すと表明。“オールとしま”の一員として、またSDGs達成に向けて取り組むセブン&アイグループ企業として、電気によるCO₂排出量の削減を検討。

  • 挑戦

    2021年8月に豊島区と姉妹都市である秩父市「ちちぶ産の低炭素電力」を民間企業として都内で初めて、 ISP 第 3 ビル(写真5)に導入。さらなる脱炭素社会の実現を目指し、CO₂低減への取り組みを加速。

  • 効果

    エネットの EnneGreen による実質再生可能エネルギー100%電力(実質CO₂排出量ゼロ)の導入を開始。年間1,763tの電気による CO₂排出量の削減が見込まれ、豊島区の地域低炭素化に寄与するとともに、地域に密着した「人と環境にやさしい」取り組みをSDGs視点で推進した。

年間1,763tものCO₂を一気に削減でき
SDGsに先導的な地元豊島区にも貢献

当社ISPは60年以上前の1959年、都市計画法に基づく事業として国から特許を受け設立されました。それが現在まで続く地下2階の「池袋東口公共地下駐車場」で(写真2)、同時に、地下街運営の認可を受け、ショッピングセンターも運営することになり、成り立ちとしては、新宿サブナードさんや八重洲地下街(通称ヤエチカ)さんと同じです。
以来池袋駅東口において、駐車場、ショッピングセンター、ビル不動産賃貸の運営等、地域に密着した企業として豊島区とともに発展してきました。もともと駐車場の主管は東京都ですが、当社は位置的に、豊島区の一大ターミナル・池袋駅東口の近隣で事業展開していることもあり、自治体とのパイプは太く、まさに当社は“オールとしま”の一員として地域の環境美化への取り組みはもとより、子育て政策や公園整備など幅広い運営についての情報をいただき、意見交換等を継続的に行うなど、あらゆる機会をとらえて連携を図っています。
一例を挙げますと、“レンガ通り”の名称で親しまれている地下通路のデジタルサイネージ(写真3、写真4)に、豊島区の情報(写真4)も織り込んで、一般の方々にPRしています。また、豊島区が女性起業家を支援する政策を掲げているのを受け、ショッピングセンターで女性起業家のための出店支援も行っています。池袋駅で事業をする当社にとって、豊島区との共存共栄は前提であり大きなテーマです。

写真1 戦略推進室 高木博章室長

写真2 池袋東口公共地下駐車場は、
2006年ベストパーキング賞も受賞

写真3 写真4 レンガ通りにあるデジタルサイネージ。5分程度でさまざまな告知が順番に掲示されるが、実質再エネ電気を100%導入していることや、店舗についてのアピールなどに加え、豊島区からの情報も周知している

写真5 ISP第3ビル

近年、SDGsをはじめ世界的な環境意識の高まりや取り組みの増加に伴い、私たちの生活にかかわる多くの製品やサービスが環境を意識したものに変わってきています。そのような中、ISPが位置する豊島区は、東京都の自治体では初の「SDGs未来都市」「自治体SDGsモデル事業」に同時に選定されるという持続可能な街づくりをリードする存在です。教育・福祉・多文化共生・子育て支援など、豊島区は多岐にわたる独自の特徴的な取り組みの多さで知られており、そのすべてが「 SDGsのさまざまなゴールに寄与する」という視点から整えられています。
さらに2021年2月、豊島区は脱炭素社会の実現に向けて、2050年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロにする「ゼロカーボンシティ」を目指すことを表明しました。それを受けて「当社でもできることはないか」と、さまざまな方向から模索した結果、たどり着いたのが今回のEnneGreen導入です。年間1,763tものCO₂排出量を一気にゼロにまでもっていけるのは画期的で、“オールとしま”の一員として貢献できたのではないかと思っています。

電気の再エネ化を検討の末
たどり着いたEnneGreen

写真6 総務部施設安全管理担当 牧之瀬光弘課長

今回のEnneGreen導入までには、さまざまな試行錯誤がありました。先に豊島区さんが採用されていた姉妹都市・秩父市の「ちちぶ産低炭素電力」を、当社が自社運営する第3ビル(写真5)に導入し、CO₂排出量20%削減を実現していました。また、当初の計画では太陽光パネルの設置導入を検討していました。グループ会社であるセブン-イレブンの店舗では屋根に太陽光パネルを設置して再エネ化を進めています。一般の方々へのアピールとしてわかりやすいのではないかと考えていました。ところが当社の施設は地下にあり、上は道路で日照も限られることから、いろいろ関係企業様と相談している中で「利用する電気の再エネ化」という発想にたどりつき、エネットさんとのご縁があり、EnneGreenの採用にいたりました。魅力は、なんといっても実質再エネ化100%を実現できるところです。電気代にも大きく影響しない※3となれば、「採用しない理由がない」という感じでした。加えて言えば、親会社のそごう・西武の施設においてもエネットさんとのお取り組みがあったことや、セブン&アイ・ホールディングスとエネットさんの親会社(NTTアノードエナジー)との協創で取り組むRE100店舗の実現、国内初オフサイトPPA※4を含むグリーン電力の導入実績も、当社のEnneGreen導入の背中を押しました。とくにオフサイトPPAはグループ内においてもサスティナブルな取り組みとして大変注目していますからね。
今後、第3ビルのCO₂排出量も100%削減を目指していますし、オフサイトPPAに関してもエネットさんと相談できるようなので、よりよい形を引き続き検討していきたいと思っています。

※3 ISPさまでのケースです。実際には現在ご契約の電力会社のプランや電気のご使用方法などにより、EnneGreenを採用いただいた際の電気代への影響は異なります
※4 再エネ電源の所有者と電力の購入者 が再エネ電力の売買契約を締結し、 需要地ではないオフサイトに導入された再エネ電源で発電された再エネ電力を、一般の電 力系統を介して購入者へ供給する契約方式

少しでも多くの人に
実質再エネ導入100%をアピールするために

今回のEnneGreen導入では、とくに豊島区からの反響が大きく、高野区長自ら視察に来ていただいたり、区の広報の方やSDGs関連の部署の方から取材を受けるなどしました。区長との対談も実現し、大きく取り上げていただき、もっと周知が進んで区のSDGsへの機運が高まればいいなと思っています。
また、今回の電気の実質再エネ100%を、当社のSDGsの取り組みとして多くの皆さんに効果的に周知したいと考え、池袋ショッピングパーク(レンガ通り)から地上階につながる32番階段の上空部に大きく看板を掲げました(写真7)。ほかにレンガ通りのデジタルサイネージ4台と地下駐車場でもアピールしています。特に32番階段部分の装飾については、「SDGs」の文字が見えるようなラッピングを施しました(写真8)。ここはバス乗り場も近いですし、旧豊島区庁舎跡地の複合商業施設「ハレザ(Hareza)池袋」にもっとも近い階段です。オフィスワーカーをはじめ若者世代から高齢の方、親子連れまで、とにかくたくさんの方々に知ってほしいという想いから、思いきってリニューアル。階段の傾斜もこの機会に角度を25°までなだらかにし、中央に手すりも付けて使いやすくしました。

写真7 池袋ショッピングパーク(レンガ通り)から地上階につながる32番階段の上空部に看板を掲げ、実質再生可能エネルギー100%をアピール

写真8 「SDGs」の文字が見えるようラッピングされた32番階段

電気の再エネ化を筆頭に
より総合的なSDGsへの取り組みを推進

当社のSDGsへの取り組みは、中期事業政策の柱にもなっています。今回の電気の実質再エネ化はもちろんですが、これからも持続可能な社会の実現に向けて、さまざまな角度から挑戦していくつもりです。
具体的には次のような計画を掲げています。
①貨物車両の路上駐車削減に向けた「共同荷捌きスペース」の提供(写真9)
②公認集約駐車施設として、地域の「隔地駐車」の受入を促進
③環境負荷の削減に向けて、電気自動車のインフラ(EV充電器)を整備
④乗合タクシーの発着拠点を提供し、ワンマイル移動を支援
⑤豊島区女性のための継続的な起業支援
これらを推進し、総合的なアプローチで進めていこうと考えています。 

写真9 一般的な駐車マス3台分のスペースを確保して利用できる、共同荷捌き用の駐車スペース。貨物車両の路上駐車削減に向けた交通課題の解決にアプローチする新しい試み

左から、
総務部 施設安全管理担当 課長 牧之瀬光弘様
戦略推進室 室長 高木博章様
(部署や本文中の役職は2022年1月現在のものです)

Interview

池袋ショッピングパーク(ISP)さま

「環境問題に取り組む」と言葉で表明するだけでなく、多様化する環境問題とビジネスに関する理解をきちんと深めた上で具体的な行動をとっていく必要があると思っています。そのためにできることから早急に進めようと、今、全社的にeco検定資格の取得を進めているところです。すでに代表をはじめ、34名の社員のうち9名が取得済みで、今後も継続していく予定です。これからも当社姿勢を行動に移しながら、SDGsに先導的な「豊島区」と連携し、“オールとしま”の一員として地域との共存共栄を基本理念に、「住みやすいまち」「住み続けられるまち」づくりに貢献していきたいと考えています。

http://www.web-isp.co.jp/(HP:株式会社池袋ショッピングパーク・略称:ISP)

その他の事例

  • 特別高圧・高圧
    低圧
    城南信用金庫
    城南信用金庫さま

    EnneGreen®

    エネットの電気

    InfoEnnet®

    城南信用金庫さまは、東京都と神奈川県にあわせて86店を展開する信用金庫です。2012年からエネットの電気をご利用いただいています。
    2018年に国内金融機関では初となるRE100に加盟。2019年1月に、使用電力の全量をエネットのEnneGreenに切り替えたことで、100%再エネ化を実現し国内企業初のRE100を達成されました。

  • 特別高圧・高圧
    学校法人フェリス女学院
    学校法人フェリス女学院さま

    Enneteye®

    EnneMetering®

    エネットの電気

    InfoEnnet®

    横浜市にある学校法人フェリス女学院さまは、2006年10月からエネットの電気をお使いいただいています。
    エコキャンパスの推進などで環境問題に積極的に取り組まれ、Enneteyeの導入により、さらなる省エネを実践されています。

  • 特別高圧・高圧
    低圧
    富士山測候所を活用する会
    富士山測候所を活用する会さま

    エネットの電気

    InfoEnnet®

    活動予算の厳しい制約の中、最大限の研究成果を挙げるために高圧・低圧の両方でエネットに切り替え、経費を削減。“信頼性”を重視し、新電力No.1のエネットに託していただきました。

  • 低圧
    成城こばやし動物病院
    成城こばやし動物病院さま

    シグニでんき(エネット取次)

    InfoEnnet®

    エネットは、様々なアライアンスパートナーを通じて電力を供給しています。今回は、「シグニでんき」を導入した、東京・世田谷の成城こばやし動物病院の小林元郎院長にその経緯や経営のポイントについて伺いました。

  • 低圧
    青木歯科
    青木歯科さま

    ci電たる(エネット取次)

    InfoEnnet®

    Enneteye®

    エネットは、様々なアライアンスパートナーを通じて電力を供給しています。今回は、「Ci電たる」を導入した、東京・初台の青木歯科の青木 聡院長にその経緯や経営のポイントについて伺いました。

  • 特別高圧・高圧
    東京サラヤ株式会社
    東京サラヤ株式会社さま

    EnneGreen®

    エネットの電気

    InfoEnnet®

    洗剤など、衛生・環境・健康に関わる商品を提供している東京サラヤさまは、2013年からエネットの電気をご利用いただいています。
    EnneGreen導入により本社の電気使用量の100%を再生可能エネルギーに切り替え、省エネやSDGs達成に向けた活動を積極的に推進されています。

  • 特別高圧・高圧
    低圧
    株式会社ヰセキ関東甲信越さま
    株式会社ヰセキ関東甲信越さま

    Enneteye®

    エネットの電気

    InfoEnnet®

    ヰセキ関東甲信越さまは、トラクタ・田植機・コンバイン等の農業機械の販売及び整備を主力に、肥料・培土の製造販売、コイン精米機の設置・運営など、農業に関わる事業を幅広く展開しています。
    エネットの電気に切り替え、更に、AIを活用した省エネルギーサービスEnneteyeをご利用いただいた結果、無人多店舗型ビジネスの課題を解決されました。

  • 特別高圧・高圧
    株式会社丸井グループさま
    株式会社丸井グループさま

    EnneGreen®

    エネットの電気

    “すべての人が「しあわせ」を感じられるインクルーシブで豊かな社会を共に創る” をミッションに掲げる丸井グループさまは、国内の小売業で初のSBT企業版 2℃目標の認定をはじめ、RE100 加盟など積極的に環境問題に取り組んでいます。
    エネットのEnneGreenを複数の店舗に導入し、再生可能エネルギー化を推進されました。

  • 特別高圧・高圧
    鎌倉市さま
    鎌倉市さま

    EnneGreen®

    エネットの電気

    InfoEnnet®

    豊かな自然と歴史的遺産に恵まれた鎌倉市は市民の環境意識も高く、環境政策にも総合的に取り組まれていて、2018年には内閣府により「SDGs未来都市」に選定されています。
    市内57施設にEnneGreenを導入し、市が管轄する高圧電力のすべて(特別高圧を除く)の施設に実質再生可能エネルギー100%の電気の供給が開始されました。

  • 特別高圧・高圧
    NTT都市開発さま
    NTT都市開発さま

    EnneEV®

    エネットの電気

    NTTグループの総合不動産会社として幅広く事業を展開されている立場から、社会的なEVシフトへの流れを見極め、中国支店が所有する「NTTクレド白島ビル」駐車場に契約車両専用のEV充電器を設置。遠隔制御可能なシステムにより電気料金の上昇を抑制しながら駐車場に付加価値をもたらす、EVスマート充電サービスEnneEVを活用し、新たなビジネスモデルを打ち立てました。

  • 特別高圧・高圧
    池袋ショッピングパークさま
    池袋ショッピングパークさま

    EnneGreen®

    エネットの電気

    InfoEnnet®

    池袋駅直結のショッピングパークと公共地下駐車場および池袋駅近辺のビル賃貸事業を展開される池袋ショッピングパーク(ISP)さま。豊島区の玄関口を担う存在として、SDGs推進に先導的な区との連携も密に、環境およびSDGsへの取り組みを多岐にわたって進めています。
    エネットのEnneGreenを導入され、年間1,763tものCO2排出量削減に成功されました。

  • 特別高圧・高圧
    低圧
    富士通ゼネラルさま
    富士通ゼネラルさま

    EnneGreen®

    エネットの電気

    InfoEnnet®

    1960年よりエアコンビジネスを手がけ、家庭用および業務用エアコンを主力に、世界を市場に事業を展開されている富士通ゼネラルグループさま。「 - 共に未来を生きる - 」を企業理念に、2021年3月に「サステナブル経営」の基本方針を策定。多くの企業等が2050年カーボンニュートラルを目指す中で、より早期な2030年度の目標達成に挑まれ、それに先行する形で2025年度に使用する電気の100%再エネ化を計画。今回のエネット・EnneGreenの導入により、それをさらに前倒しする2022年度実質再エネ100%を可能とされました。

  • 特別高圧・高圧
    八方尾根開発さま
    八方尾根開発さま

    EnneGreen®

    エネットの電気

    InfoEnnet®

    日本の名峰、飛騨山脈(通称:北アルプス)のふもとで「2050年ゼロカーボンシティ」を宣言している長野県・白馬村にある八方尾根開発さま。このたび白馬八方尾根スキー場の、八方尾根開発さまが運営する全リフト(全22基中15基)および降雪機の電力に、CO₂排出量低減メニューであるエネットのEnneGreenを導入され、年間で、リフトで約500t、降雪機で約500t、合計約1,000tのCO₂排出量の削減を実現されました。

PAGE
TOP